アメリカ帰国おっさんの資産運用ブログ

資産運用(米国株)とアメリカ生活の記録。

【Amazon Fresh】ネットスーパー活用で、快適なアメリカ生活【Whole Foods】

スポンサーリンク

ベッドでくつろぐ女性の画像

アメリカだと、車を出してスーパーに行き、大量に買い込む。

そして、大量買いでしばらく保たせる、というパターンがよくあると思います。

 

冷蔵庫が大きければ、これでも回るのですが、これをやるとかなり買い物に時間が取られてしまうんですよね、、、。

せっかくの土日が買い物だけで終わってしまう、ということもしばしば。

 

どうせなら、買い物にかける時間や労力を減らして、その分を自分の好きなことに使いたいですよね。

そこで利用したいのがネットスーパー。買い物に行く時間、レジで並ぶ時間を減らすことができます。

  

今回の記事では、Amazonのアカウント(Primeに入っている必要があります)で利用できるネットスーパー(Amazon Fresh・Whole Foods)を紹介したいと思います。

 

Disclosure : This post contains affiliate links. For more information, see my privacy policy.(この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。)

 

 

 

スポンサーリンク

 

Amazon Fresh・Whole Foodsの利用方法 

利用方法はとても簡単。

Amazon(Prime)のアカウントの、左上にあるAmazon Fresh、またはWhole Foodsをクリックします。

Amazon Freshの利用方法1

Amazon Freshの利用方法1

 

こちらはAmazon Freshのトップページ。普段のスーパー(グローサリーストア)で買えるような商品が普通に買えます。

Amazon Freshの利用方法2

Amazon Freshの利用方法2

 

こちらはWhole Foods。

Whole Foodsのトップページ

Whole Foodsのトップページ

 

あとは、普通にAmazonで買い物をするように、気になった商品をカートに入れて、購入するだけです。

$35以上の購入で、無料配送になるので、まとめて買うと良いですね!

 

我が家では、野菜、お肉、冷凍食品、乳製品、お菓子などを買っていました。

日によって価格は変わりますが、普通のスーパーと変わらないくらいの値段で買えます。物によってはむしろ安いので、そういう商品は積極的に買いたいですね。

商品例

商品例


Whole Foodsの方が、若干高い印象もありますが、物によってはAmazon Freshよりも安いものもありますし、特に365ブランドなどはお得感がありますね。

 

配達の日時も選べる

購入した物をいつ配達してもらうかですが、日の指定はもちろん、時間帯の指定(2時間間隔)もできます。

配達員さんの都合次第?空きがあればですが、注文したその日のうちの配達もできます。便利!

 

部屋の前まで運んでくれる

商品は、部屋の前まで運んできてくれます。

スーパーで大量買いすると、車から部屋まで運ぶのも結構大変なんですよね。部屋の前まで運んでくれるのは、本当に助かります。

 

アパートのエントランスに入れない場合には、シアトルナンバーから電話がかかってきます(笑)

 

スポンサーリンク

 

 

今回の記事のまとめ

今回の記事では、Amazon(Prime)で利用できるネットスーパー(Amazon Fresh・Whole Foods)を紹介しました。

 

ネットスーパーを利用し始めて、本当に買い物にかける時間を減らすことができたので、皆様にも是非オススメしたいサービスです。

コロナの状況下だと、買い物に行くのも気を使いますし。

 

値段も特に高いということはないので、試しに1度使ってみてはいかがでしょうか?

 

Primeメンバーになることが必要なので、まだPrimeメンバーでない方は、こちらから30日間のFree trialに加入してみてください。

 

Primeメンバーになる際には、、TopCashback経由で入ると、$10お得になるので、オススメしています。

www.nao-shisan.com

 

ネットスーパーを活用して、自分の時間を作り出して、有意義なアメリカ生活をお過ごしください!

 

スポンサーリンク