アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

アメリカで子供のパスポート(日米両方)を申請する方法

アメリカ国旗とパスポートの画像

今回、アメリカで産まれた子供のパスポート(日本とアメリカ両方)を申請する機会がありましたので、その申請方法を記事にしたいと思います。

 

日本のパスポートにしろ、アメリカのパスポートにしろ、申請のために提出する書類や写真がいくつか必要になります。

取得に時間がかかるものから揃えていきましょう!

 

 

日本のパスポートの申請方法

日本のパスポートの申請は、在アメリカ合衆国日本国大使館か総領事館で行います。

または、領事出張サービスでも申請することができます。

お住まい地域を管轄している総領事館はこちらから確認。

www.us.emb-japan.go.jp

 

提出に必要な書類(日本のパスポート)

今回の申請は、20歳未満(5年用)の新規発給となります。

詳細はこちらを参考にしていただくとして、

www.us.emb-japan.go.jp

最低限必要なものは、

  1. 旅券発給申請書 1通
  2. 戸籍謄本(全部事項証明)または、戸籍抄本(個人事項証明)の原本 1通
  3. 写真 1枚
  4. 米国での有効な滞在資格・外国籍を示すもの
  5. 親権者の写真付き身分証明書

です。それぞれの詳細は以下に記します。

 

1、旅券発給申請書

入手方法は、

  1. 窓口で直接入手
  2. 旅券申請書請求シートを郵送
  3. 外務省のHPからダウンロード

のいずれかとなります。

 

プリンターで印刷できるのであれば、外務省のHPからダウンロードがオススメです。

www.mofa.go.jp

ブラウザ上で必要事項を入力していき、最後にPDFファイルをプリントアウトします。

そのあと、所定欄に直筆の署名を記入します。申請書「裏面」の法廷代理人署名欄にも親権者が署名します。

 

2、戸籍謄本(全部事項証明)または、戸籍抄本(個人事項証明)の原本

この書類を用意するのが一番時間がかかると思うので、早めに準備するのをオススメします。

住民票を抜いていたとしても、本籍地のある役所で取り寄せができます。

役所に郵送してもらう手続きを行うか、日本にいる家族などに協力してもらって郵送してもらうかして、手に入れるといいでしょう。

 

注1 申請日前6ヶ月以内に発行されたものを用意する必要があります。

注2 原本を提出しなければならないので、コピーをとっておくといいです。

 

3、パスポート用写真 

6ヶ月以内に撮影されたもので、パスポート申請用写真の規格を満たしているものが必要です。サイズは45mm × 35mmです。

また、写真の裏には申請者の氏名(この場合は子供の氏名)を記入する必要があります。

 

パスポート用の規格の詳細は、こちら(外務省HPより)

https://www.us.emb-japan.go.jp/j/download/Passportphoto.pdf

 

か、こちら

www.mofa.go.jp

を参考にします。

 

自分で撮影して、規格に合う写真を取るのは相当難しいと思うので、取った写真をパスポート用のサイズに調整してくれるサービスを使うと便利です!

 

ePassportPhoto.comの使用方法 

写真のサイズを調整してくれるサービスがこちら、ePassportPhoto.com

www.epassportphoto.com

 

サイトのトップページに、国を選択する箇所があります。

国を選択

国を選択

 国を選択すると、サイズの項目は自動的に変わります。

Japanを選択し、ボタンをクリックして次に進みます。

 

写真の取得方法を選択

写真の取得方法を選択

次に、写真の取得方法を選択します。

ドラッグストアでピックアップするか、郵送してもらうかを選びます。

私は郵送を選択しましたが、約1週間かかりました。

急ぐ場合は、ドラッグストアでピックアップする方法がいいでしょう。

 

 次のページで、写真のアップロードを行います。

写真のアップロード方法

写真のアップロード方法

写真のアップロードは、 

  1. Take a photoボタンから、写真をアップロードする
  2. QRコードを読み込んで、スマートフォンからアップロード
  3. 表示されているアドレスにEmailで写真を送る

の3つの方法があるので、お好きな方法でアップロードします。

 

まだ子供の首がすわってなかったので、白いマットレスの上に寝かせて、上からスマートフォンで撮影しました。

それをEmailで送ったのですが、写真はすぐに反映されました。

 

次のページが決済画面になります。

決済は、クレジットカードかペイパルのどちらかを選択します。

 

写真の枚数に応じて値段が変わり、今回頼んだ2 photosでは、写真代 $7.99、送料 $1.99の合計 $9.98でした。

(頼んだのは2 photosでしたが、写真は4枚分来ました。)

 

パスポート写真アプリ

もっと早く、安く済ませたい方はアプリがオススメです。

パスポート写真アプリ

パスポート写真アプリ

iPhone版は、Passport Photo - ID Photo Appといいます。

無料でインストールできますが、無料版の場合は広告表示があります。

 

使用方法は、

  1. 国あるいは写真のサイズを選択
  2. カメラで撮影するか、すでにある写真から選択
  3. 写真の角度を調整
  4. 顔の位置を調整
  5. 背景を調整

の5つです。

 

写真の調整が終わったら、CVSなど写真のプリントアウトサービスのあるところで、プリントアウトを行います。

これで、ePassportPhoto.comよりも早く安く済ませることができます。

 

4、米国での有効な滞在資格・外国籍を示すもの

米国で出生した場合で、初めて申請する場合は米国出生証明書の呈示が必要です。

 

5、親権者の写真付き身分証明書

母親と父親の両方を用意します。運転免許証かパスポートで大丈夫です。

 

大使館(総領事館)窓口で申請

必要書類を持って、大使館(総領事館)窓口で申請します。

申請の際は、子供がいなくても大丈夫です。

ただし、受け取りの際は子供を連れて行く必要があります。

 

パスポートですが、申請してから5業務日以降に交付となります。

手数料55ドルを現金でおつりがないように持参して、受け取りに行きます。

(クレジットカード、小切手は不可となっていますので、要注意!)

 

書類さえ揃っていれば、申請から取得までは短いですね。

 

 

アメリカのパスポートの申請方法

アメリカのパスポートの申請は、USPS(郵便局)などのAcceptance Facilityか、Passport Agencyで行います。

日本のパスポートの申請とは違って、申請時に子供を連れて行く必要があります。

そのあとは郵送で送られてくるのを待ちます。

 

USPSはすべての場所でできるわけではなく、担当者がいるUSPSでないと申請はできません。場所の確認はこちらからできます。

iafdb.travel.state.gov

 

すぐにパスポートが欲しい場合は、Passport Agencyで申請します。場所はこちら。

travel.state.gov

 

提出に必要な書類(アメリカのパスポート)

今回の申請は、16歳未満(5年用)の新規発給となります。

詳細はこちらを参考にしていただくとして、

travel.state.gov

 

最低限必要なものは、

  1. Form DS-11
  2. U.S. Citizenship EvidenceとそのPhotocopy
  3. Parental Relationship
  4. 両親のIDとそのIDのPhotocopy
  5. Parental Consent
  6. 写真 1枚
  7. 申請料金

です。それぞれの詳細は以下に記します。

 

1、Form DS-11

このフォームがいわゆる申請書になります。オンラインで入力して、プリントアウトするのが簡単です。

サインは現地でするので、空白のまま持っていきます。

入力はこちらのページの、

travel.state.gov

1. Application For A U.S. Passport (DS-11) 

FORM FILLER

から行います。プリントアウトは片面印刷にします。

 

2、U.S. Citizenship EvidenceとそのPhotocopy

アメリカのBirth Certificate(出生証明書)の原本とコピーを提出します。

Birth Certificate(出生証明書)をあらかじめ取得しておきましょう。

取得方法は、出産後に病院で教えてくれていると思います。

 

コピーは、レターサイズで白黒印刷、片面印刷で提出します。

 

3、Parental Relationship

申請者と両親との関係が記載されている書類が必要になります。

アメリカのBirth Certificate(出生証明書)で大丈夫です。

 

4、両親のIDとそのIDのPhotocopy

アメリカの運転免許証か、有効期限内の日本のパスポートを呈示します。

また、そのIDの表面、裏面のコピー(片面印刷)も提出します。

私たちは、アメリカの運転免許証とその表面、裏面のコピーを提出しました。

 

申請の際に両親の同意が必要になります。

両親が揃って窓口で申請を行うのが一番確実です。

もし両親が揃わないようであれば、DS-3053など他のFormも用意する必要があります。

 

6、パスポート用写真

6ヶ月以内に撮影されたもので、パスポート申請用写真の規格を満たしているものが必要です。

サイズは2 × 2 inches (51 × 51 mm)で、日本用とは異なるので要注意です。

 

パスポート用の規格の詳細は、こちらを参考に。

travel.state.gov

 

日本用と同様に、ePassportPhoto.comかアプリで用意するといいでしょう。

 

7、申請料金

アメリカのパスポートは、申請の際に料金を支払います。

 

Passport Bookのみの場合は、

Application Fee $80 + Execution (Acceptance) Fee $35

Passport Cardも欲しい場合は、

Application Fee $95 + Execution (Acceptance) Fee $35

 

かかります。うちはPassport Cardはいらないと思ったので、Passport Bookのみにしました。

また、早めにパスポートを取得したい場合は、プラス$60支払います。

 

私たちが行ったUSPSでは、現金かデビットカードでの支払いはOKでした。

 

USPSの窓口で申請

必要書類を持って、USPS窓口で申請します。

繰り返しになりますが、申請の際には、子供を連れていく必要があります。

また、あらかじめ日時を予約しておく必要があります。

予約はこちらから。

tools.usps.com

 

申請したあとは、郵送で送られてくるのを待ちます。

ホリデーシーズンに入ってしまいましたが、おそらく1~2ヶ月後には届くかな、と。

実際に届いたら追記しますね。

 

日本のパスポート申請とは違って、申請から取得までは長いですね。

旅行が決まっている場合は、早め早めの準備がオススメです。

 

日米パスポートの使い分け

無事に両方のパスポートを取得したら、どういうふうに使い分けるのがいいのか、少し迷いますよね。

(親は一つしか持っていないので、迷う必要が無いですが。)

 

アメリカの出入国にはアメリカのパスポート、

日本の出入国には日本のパスポートを提示するのが、スムーズです。

 

例えば、アメリカから日本に一時帰国する場合は、アメリカの空港でアメリカのパスポートにスタンプを押してもらい、日本に着いたら、日本のパスポートにスタンプを押してもらいます。

(出発地のスタンプが日本のパスポートに付かないので不思議な感じがしますが。)

 

逆に日本から帰る際は日本のパスポートに、アメリカに着いたらアメリカのパスポートにスタンプを押してもらいます。

 

今回パスポートを申請するにあたり、こちらのページを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

nano-trends.net

 

アメリカのパスポート届きました!(2020年1月15日追記)

申請していたアメリカのパスポートですが、本日無事に郵送で受け取ることができました!良かった良かった。

ホリデーシーズンに入ってしまったので、もう少し時間がかかるかと思いましたが、4週間かからずに発行されました。

素早いお仕事、ありがとうございます。

 

そういえば、申請後にステータスのチェックができたはずですが、一度もやらなかったな。

ステータスのチェックを行いたい方はこちらのページから。

passportstatus.state.gov

 

その他の注意事項はこちらのページを参考に。

travel.state.gov

 

子供が小さいうちは飛行機乗るのは本当に大変ですが、何とか乗り切りましょう!