アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

検索エンジンBingはブロガーに優しい?検索順位比較【Google&Yahoo】

スポンサーリンク

Google、YAHOO、Bingと虫眼鏡の画像

5月5日にGoogleのコアアップデートが実施され、検索結果表示に大きな変動が見られました。その影響で、検索エンジンからの流入が減ったブログも多いのではないでしょうか?当ブログは元々検索エンジンからの流入は少ないのですが、さらに減ってしまいました。

 

今回は、検索エンジンの違いでどれだけ順位に違いがあるかを検討するため、Google、Yahoo、Bingの検索順位結果の比較をしてみました。結果ですが、本当に驚くほどに違っていました。それでは本文をお楽しみください。

 

 

スポンサーリンク

 

検索順位を比較する記事

当ブログでは主に、資産運用に関する記事と、アメリカ生活に関する記事を書いています。資産運用はフロー型の記事が多く、アメリカ生活はストック型の記事が多いので、今回はストック型のアメリカ生活に関する記事で検討してみます。

 

比較する記事は、2月〜5月に投稿したこちらの8記事です。

検索順位の結果

それぞれのキーワードで検索して、表示された順位がこちらです。

検索キーワード Google Yahoo   Bing     
アメリカ レンターズ保険 40 50位以下 3
アメリカ 自動車保険 オススメ 50位以下    50位以下   2
アメリカ グローバルプロテクション   24 24 4
アメリカ 個人 医療保険 50位以下 50位以下 2
アメリカ 一時帰国 海外旅行保険 50位以下 50位以下 21
Discover Bank 口座開設 3 3 2
アメリカ 歯科保険 50位以下 50位以下 11
アメリカ 子供 インフルエンザ 50位以下 50位以下 2

 

ご覧の通り、BIngでは上位表示される記事が多かったです。しかし、GoogleやYahooでは上位表示されないケースが多く、中々厳しい結果となりました。

唯一、"Discover Bank 口座開設"だけが全てで上位表示される結果でした。

 

比較検討してみた印象

ちまたで言われている通り、Googleでは公式サイトが上位表示されるケースが多かったです。

例えば、"アメリカ グローバルプロテクション"で検索した際に、上位1~15位まで公式サイトでした。個人のサイトの場合は、これまで評価を積み重ねてきた、実績のあるサイトが上位に表示される傾向がありそうです。

 

Yahoo JAPANの検索エンジンはGoogle検索エンジンを採用しているので、ほぼ似たような結果となっていますね。

 

Bingは、公式サイトも上位に表示されますが、個人ブログも弾かれていない印象です。また、投稿日時の浅い記事でも上位に表示されます。情報の鮮度も評価されるのかもしれませんが、もう少し検討が必要そうです。

 

スポンサーリンク

 

検索エンジンBingとは?

Google、Yahooは説明するまでもないでしょうが、Bingはあまり利用していない方も多いと思います。

 

Bingは、マイクロソフト社が提供している検索エンジンで、Google、Yahooとは異なるアルゴリズムで運用されています。

日本における検索エンジンのシェアでいうと3番手ですが、Google 76.75%、Yahoo 19.87%、Bing 2.9%と大きく差を開けられています(Search Engine Market Share Japan | StatCounter Global Stats)。

ただし、Windows10の標準検索エンジンとして採用されており、一定数のユーザーがいる検索エンジンとなっています。

 

今回の記事のまとめ

今回の記事では、Google、Yahoo、Bingの検索順位の比較結果を紹介しました。

 

想像以上にGoogle(Yahoo)とBIngで差があったことに驚きです。BIngで上位表示される記事が多かったのは非常に嬉しいです!

 

しかし、やはり圧倒的シェアを誇るGoogle、Yahooでも上位表示されたいですよね。

Googleからの評価は時間がかかるとも聞きますので、徐々にGoogleからの評価が上がることを期待したいです。

3ヶ月後とかに、同じ検索キーワードで確認してみるのも面白そうですね。

 

ユーザー目線で言うと、公式サイトや実績のあるサイトを見たい場合はGoogleで検索、体験談などを綴った個人ブログを見たい場合はBingで検索する、というように使い分けても面白そうですね。

 

皆様の使用感も是非お聞きしたいものです。

 

合わせて読みたい記事はこちら

www.nao-shisan.com

 

スポンサーリンク