アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

【取引報告】債券ファンドに55万円追加投入しました

コロナショックが始まる直前の2/21(金)に、$5150(約57万円 当時1ドル=111.5円)を債券ファンドのBloomberg Barclays U.S. Aggregate Bond Index Fund (F Fund)に投入した、という話をしました。

 

今回は、同じファンドにさらに$5152.66(約55万円 1ドル=107.4円)追加投入した、という話をしたいと思います。

 

 

TSPアカウントで債券ファンドを買い増し

私は現在、リタイアメントプランの一つであるTSPというアカウントで資産を運用しています。そして先月の2/21(金)に、口座の資金の半分を使って債券ファンドのBloomberg Barclays U.S. Aggregate Bond Index Fund (F Fund)を購入しました。

 

その後も資金の追加投入を検討していたのですが、今週3/2(月)に残っていた口座の資金の半分の$5152.66(約55万円 1ドル=107.4円)を使って買い増ししました。

 

なぜこのタイミングで買い増しをしたのか?

AGGのチャート

AGGのチャート(StockCharts.comより)

チャートは同じベンチマークのAGGのものを示しています。

過去の記事でも述べたのですが、先月2/21(金)に上にブレーク。最高値を大きく更新し、昨年からの上昇トレンドが継続するとみて、まずは資金の半分を使ってエントリーしてみました。

その翌週(2/24-28)、最高値をさらに更新するも2/24(月)から2/27(木)までは上値が重い展開。しかし、2/28(金)に国債の利回りが大きく低下(債券価格は上昇)し、債券ファンドの価格も大きく上昇しました。

2/28(金)の値動きを見て、債券ももう一段階ステージが上がったと判断し、今週3/2(月)に買い増ししました。

 

3/3(火)に0.5%の緊急利下げ

3/3(火)、FRBが0.5%の緊急利下げを決定しました。それに反応して国債利回りも低下、債券価格はさらに上昇となりました。

マーケットはさらなる利下げを要求しており、近いうちの追加利下げ観測も出てきています。しばらくは株の乱高下で債券も揺れ動くでしょうが、堅調な地合いが継続するのでは、と考えています。

 

株式への投資は様子見

現在株式への投資は、401kプランのFidelity Total Market Index Fund (FSKAX)のみとなっています。こちらは月に$220~275の積み立て投資を行なっているので、株式への投資はこちらの口座に任せておきます。

その他の資金の株式への投資は、マーケットが落ち着くまで様子見したいと思います。

 

まとめ

今回の記事では、債券ファンドのBloomberg Barclays U.S. Aggregate Bond Index Fund (F Fund)を買い増しした、という話を紹介しました。

3/2(月)に取引きした内容なので、昨日のうちに更新したかったのですが、本業が忙しくて更新ができませんでした。後出しになってしまい申し訳無いです。

 

運用成績は毎週末の週間収支報告でしていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。 

 

投資は自己責任、自己判断でお願いいたします。