アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

アメリカの証券会社で、債券ファンドに1万ドル投資してみた

スポンサーリンク

ニューヨーク証券取引所の画像

Discover Bankの口座開設プロモーションで、無事に200ドル獲得したので、その際に使った資金のうち1万ドルを証券会社Vanguardの一般口座に移しました。

そして、新たな運用を開始したいと思います。

 

 

1万ドルの投資先を選定

現在、約$13,500をハイリスク商品で運用しているので、今回はローリスクのファンドを購入してみようと思います。

 

Vanguradのmutual fundsのリストから、ローリスクでフィルタリングします。

ローリスクでフィルタリング

ローリスクでフィルタリング

そうすると、17のファンドがリストアップされました。

ローリスク商品のリスト

ローリスク商品のリスト

さらに、手数料が低く、パフォーマンスが良さそうなファンドとして注目したのがこちら。

Vanguard Short-Term Corporate Bond Index Fund Admiral Shares (VSCSX)

Bond Fundというのは、いわゆる債権ファンドと呼ばれる商品です。債権ファンドは、国債、地方政府債、社債などの債権に分散投資する投資信託です。

 

今回チョイスしたファンドは社債に投資するタイプのファンドになります。

対象企業は格付けでBaa以上。主にAとBaaに投資していますね。

投資対象のポートフォリオ

投資対象のポートフォリオ

ファンドのパフォーマンス

ここ10年のファンドの成長を表したグラフがこちら。

10年間のファンドの成長推移

10年間のファンドの成長推移

もし10年前に$10,000で運用をスタートしていたら、今頃1.3倍近くになっている、ということですね。価格が下がる局面もありますが、基本は右肩上がりです。優秀優秀。

 

2019年は利下げが行われた影響か、大きく値を上げています!

 

VSCSXのリターン率

VSCSXのリターン率

ここ1年のパフォーマンスは目を見張るものがありますが、長期のパフォーマンスも安定しています。

 

ちなみに手数料(Expense ratio)は0.07%です。

 

2019年11月19日現在、ファンドの価格が22.05ドルなので、1万ドルで453シェア分購入できます。

人生初の債権ファンドへの投資なので、ちょっとドキドキですが(とは言ってもリスクは低め)、しばらく見守りたいと思います。

 

今後の運用成績は、収支報告の記事で追って報告していきたいと思います。

 

今回の1万ドルの投資により、Discover BankのSavings口座も含めて、約$33,700を運用に回していることになりました。

 

さあファンド達、頑張っておくれ!

スポンサーリンク