アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

VanguardのETFランキング【2019年のパフォーマンス】

ランキングと書かれた画像

映画「ロッキー」の撮影地、ペンシルベニア州フィラデルフィアから車で30分ほど行ったところにあるVanguard(バンガード)本社。日本でもETFを購入することができるので、投資家の間ではおなじみですね。

 

今回の記事では、Vanguard社が提供するETFのパフォーマンス(2019年)をランキング形式で紹介してみたいと思います。

 

 

Vanguard社のETF 74種類をランキングで発表

現在Vanguard社が提供しているETFは74種類あります。その中から2019年のパフォーマンスのトップ10、ワースト10、セクター別ランキングをご紹介します。

データはVanguard社のこちらのページを参考にしました。

なお、パフォーマンス結果には手数料や税引きは考慮していませんのでご注意を。

 

ETFトップ10

まずはパフォーマンスの良かったトップ10から。

 

トップ10
順位 Name Ticker 成績
1 Information Technology ETF VGT 48.75%
2 Mega cap Growth ETF MGK 37.56%
3 Growth ETF VUG 37.26%
4 Russell 1000 Growth ETF VONG 36.33%
5 Mid-cap Growth ETF VOT 33.89%
6 ESG U.S.Stock ETF ESGV 33.51%
7 Small-cap Growth ETF VBK 32.86%
8 S&P 500 Value ETF VOOV 31.84%
9 Financials ETF VFH 31.69%
10 S&P 500 ETF VOO 31.47%

(Mega cap : 大型株、Mid-cap : 中型株、Small-cap : 小型株、Gowth : 成長株、Value : 割安株)

 

情報技術セクターのETF(VGT)が驚異的な数値を叩き出しています。情報技術セクターが2019年相場を強くけん引していたことがわかりますね。

また大型中型小型に関わらず、多くのGrowth ETFがランクインしていることから、成長株が2019年の株価上昇に寄与していたと言えます。

セクター別ではもう一つ、9位に金融セクターがランクインしています。

 

ETFワースト10

次にパフォーマンスのワースト10を。

 

ワースト10
順位 Name Ticker 成績
65 Total Bond Market ETF BND 8.82%
66 Total World Bond ETF BNDW 8.34%
67 Total International Bond ETF BNDX 7.91%
68 Tax-Exempt Bond ETF VTEB 7.35%
69 Short-Term Corporate Bond ETF VCSH 7.01%
70 Intermediate-Term Treasury ETF VGIT 6.22%
71 Mortgage-Backed Securities ETF VMBS 6.17%
72 Short-Term Bond ETF BSV 4.94%
73 Short-Term Inflation-Protected Securities ETF VTIP 4.79%
74 Short-Term Treasury ETF VGSH 3.50%

 (Bond : 債券)

 

74種類あるETFですが、2019年は全てのETFがプラス収支でした!

なので、パフォーマンスが悪かったというよりは、低リスク型のETFが下の順位に並んでいる状況です。ちなみに65〜74位は全て債券に投資するETFとなっています。

2019年は利下げが行われた影響もあり債券価格は上昇、例年よりも成績は軒並み良くなっています。

これらのETFは2019年のようなリスク選好の相場よりも、リセッションの際に強みを発揮するかもしれませんね。

 

セクター別ETFランキング

最後は、セクター別ETFのランキングです。

 

セクター別ETFランキング
順位 Name Ticker 成績
1 Information Technology ETF (情報技術) VGT 48.75%
2 Financials ETF (金融) VFH 31.69%
3 Industrials ETF (資本財) VIS 30.20%
4 Real Estate ETF (不動産) VNQ 28.89%
5 Communication Services ETF (通信) VOX 28.16%
6 Consumer Discretionary ETF (一般消費財) VCR 27.58%
7 Consumer Staples ETF (生活必需品) VDC 26.14%
8 Utilities ETF (公益事業) VPU 25.01%
9 Materials ETF (素材) VAW 23.67%
10 Health Care ETF (ヘルスケア) VHT 22.00%
11 Energy ETF (エネルギー) VDE 9.37%

 

S&P 500 ETF (VOO)のパフォーマンス31.47%を上回ったのは、上位2つのみでした。

ディフェンシブセクターとして捉えられているヘルスケア、公益事業、生活必需品セクターETFも20%を超える好成績!

エネルギーセクターは振るわない結果となってしまいました。Energy ETF (VDE)は、ここ10年のパフォーマンスも悪く、2020年の年初より5%も下がっており、手を出しにくい感じになってしまっています。

 

今回の記事のまとめ

今回の記事では、Vanguard社が提供しているETFのパフォーマンス(2019年)のトップ10、ワースト10、セクター別ランキングをご紹介しました。

このようにランキングにして見てみると、相場の全体像が少し見える気がしました。

皆さまの銘柄選び、投資戦略に少しでも役立てれば幸いです。