アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

VanguardのETFランキング【2020年8月のパフォーマンス】

スポンサーリンク

2020年8月 ETF RANKING

毎月恒例となりました、Vanguard(バンガード)のETF月間パフォーマンスランキングを紹介したいと思います。

 

8月も、米国株は強かったですね。ただ、資金が集まっている銘柄に偏りがあるので、銘柄選定は間違はないようにしたいところです。

 

それでは、8月はどのETFが1番パフォーマンスが良かったのか?逆に悪かったETFはどれか?セクター別ランキング、年初来トップ10も紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

Vanguard社のETF 74種類をランキングで発表

現在Vanguard社が提供しているETFは74種類あります。その中から2020年8月のパフォーマンスのトップ10、ワースト10、セクター別ランキング、年初来ランキングをご紹介します。

データはVanguard社のこちらのページを参考にしました。

 

なお、パフォーマンス結果には、手数料や税引きは考慮していませんのでご注意を。

 

ETFトップ10(2020年8月)

まずはパフォーマンスの良かったトップ10から。

 

トップ10
順位 Name Ticker 成績
1 Consumer Discretionary ETF (一般消費財) VCR 13.13%
2 Mega-Cap Growth ETF MGK 11.56%
3 Information Technology ETF (情報技術) VGT 11.37%
4 Russell 1000 Growth ETF VONG 10.39%
5 Growth ETF VUG 10.22%
6 S&P 500 Growth ETF VOOG 9.66%
7 Mega Cap ETF MGC 8.57%
8 Industrials ETF (資本財) VIS 8.33%
9 Communication Services ETF (通信) VOX 8.26%
10 ESG U.S. Stock ETF ESGV 7.74%

 

セクター別ETF、大型株、特にグロース株が上位にランクインしました。今は、グロース株に資金が集まっている相場、ということのあらわれですね。

10位にESGVが入っているのも面白いです。ESG銘柄は最近上昇率も大きいので、注目ですね。

 

全体的に、7月よりも上昇率が大きいです。資産を増やした投資家も多かったのではないでしょうか。

 

Consumer Discretionary ETF (一般消費財)が、7月に引き続き1位。AmazonやTeslaの比率が高いですので、納得の1位です。

 

 

ETFワースト10(2020年8月)

次にパフォーマンスのワースト10を。

 

ワースト10
順位 Name Ticker 成績
65 Energy ETF (エネルギー) VDE -0.59%
66 Total International Bond ETF BNDX -0.76%
67 Total World Bond ETF BNDW -0.83%
68 Total Bond Market ETF BND -0.92%
69 Total Corporate Bond ETF VTC -1.50%
70 Utilities ETF (公益事業) VPU -2.46%
71 Long-Term Corporate Bond ETF VCLT -3.81%
72 Long-Term Bond ETF BLV -4.06%
73 Long-Term Treasury ETF VGLT -4.83%
74 Extended Duration Treasury ETF EDV -6.61%

 

債券に投資するETFが多く入っていますね。8月は利回りが上昇していたので、債権の価格は下がっています。

 

株式ETFでは、Utilities ETF (公益事業)と、Energy ETF (エネルギー)がランクイン。エネルギー需要の回復が厳しい、という風に見られている結果でしょうね。

 

セクター別ETFランキング(2020年8月)

次に、セクター別ETFのランキングです。

 

セクター別ETFランキング
順位 Name Ticker 成績
1 Consumer Discretionary ETF (一般消費財) VCR 13.13%
2 Information Technology ETF (情報技術) VGT 11.37%
3 Industrials ETF (資本財) VIS 8.33%
4 Communication Services ETF (通信) VOX 8.26%
5 Consumer Staples ETF (生活必需品) VDC 4.79%
6 Materials ETF (素材) VAW 4.59%
7 Financials ETF (金融) VFH 3.84%
8 Health Care ETF (ヘルスケア) VHT 2.50%
9 Real Estate ETF (不動産) VNQ 0.56%
10 Energy ETF (エネルギー) VDE -0.59%
11 Utilities ETF (公益事業) VPU -2.46%

 

アマゾン、テスラ率いるVCR vs アップル、マイクロソフト率いるVGT、といったところでしょうか。

 

 

8月は、S&P500が上げていたので、多くのセクターで上げているかと思いきや、そうでもないですね。強いセクターが引っ張っている、ということが浮き彫りになった形です。

うまく上昇の波に乗りたいところです。

 

Consumer Discretionary ETF (一般消費財)の投資先上位10社はこちら。

1 Amazon.com Inc. 2 Home Depot Inc. 3Tesla Inc. 4 McDonald's Corp. 5 NIKE Inc. 6 Lowe's Cos. Inc. 7 Starbucks Corp. 8 Booking Holdings Inc. 9 Target Corp. 10 TJX Cos. Inc. 

 

テスラが、3位まで上がってきていますね。とにかく強い。

 

ETFトップ10(年初来)

最後に、年初来パフォーマンスの良かったトップ10。

 

トップ10(年初来)
順位 Name Ticker 成績
1 Information Technology ETF (情報技術) VGT 38.12%
2 Mega Cap Growth ETF MGK 37.26%
3 Growth ETF VUG 33.94%
4 Russell 1000 Growth ETF VONG 32.22%
5 Consumer Discretionary ETF (一般消費財) VCR 32.16%
6 Extended Duration Treasury ETF EDV 29.34%
7 S&P 500 Growth ETF VOOG 28.09%
8 Long-Term Treasury ETF VGLT 21.71%
9 Mid-Cap Growth ETF VOT 17.80%
10 Communication Services ETF (通信) VOX 16.53%

 

コロナショック以降、1・2位がずっと債権ETFだったのですが、ついに株式ETFが1位になりました!1位に躍り出たのは、Information Technology ETF (情報技術)

 

グロースETFや、Consumer Discretionary ETF (一般消費財)も調子がいいですね。

VGTは、年初来38%まできました。どこまで伸びるか楽しみですね!

 

スポンサーリンク

 

今回の記事のまとめ

今回の記事では、Vanguard社が提供しているETFのパフォーマンス(2020年8月)のトップ10、ワースト10、セクター別ランキング、年初来トップ10をご紹介しました。

 

とにかく、ハイテクグロース株が強い相場となっています。コロナショック以降、ハイペースで上昇してきていますね。

資金が回っている銘柄やセクターに、うまく乗りたいですね。

 

今回の記事が、皆様の投資戦略の参考になれば幸いです。

 

最後に、投資は自己責任、自己判断でお願いいたします。

 

合わせて読みたい記事はこちら

 

www.nao-shisan.com

  

www.nao-shisan.com

 

スポンサーリンク