アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

VanguardのETFランキング【2020年1月のパフォーマンス】

スポンサーリンク

2020年1月ETFランキングと書かれた画像

以前の記事では、Vanguard(バンガード)社が提供するETFの2019年の年間パフォーマンスランキングを紹介しました。

今回の記事では、2020年1月の月間パフォーマンスランキングを紹介してみたいと思います。どのETFに投資するのが一番リターンが得られたのでしょうか?

 

www.nao-shisan.com

  

 

Vanguard社のETF 74種類をランキングで発表

現在Vanguard社が提供しているETFは74種類あります。その中から2020年1月のパフォーマンスのトップ10、ワースト10、セクター別ランキングをご紹介します。

データはVanguard社のこちらのページを参考にしました。

なお、パフォーマンス結果には手数料や税引きは考慮していませんのでご注意を。

 

ETFトップ10

まずはパフォーマンスの良かったトップ10から。

 

トップ10
順位 Name Ticker 成績
1 Extended Duration Treasury ETF EDV 10.31%
2 Long-Term Treasury ETF VGLT 7.41%
3 Utilities ETF (公益事業) VPU 6.05%
4 Long-Term Bond ETF BLV 5.44%
5 Long-Term Corporate Bond ETF VCLT 3.81%
6 Information Technology ETF (情報技術) VGT 3.75%
7 Mega cap Growth ETF MGK 3.46%
8 Growth ETF VUG 3.09%
9 Intermediate-Term Bond ETF BIV 2.49%
10 Intermediate-Term Corporate Bond ETF VCIT 2.15%

(Treasury : 財務省、Bond : 債券、Mega cap : 大型株、Gowth : 成長株)

 

トップ10のうち、6つが債券に投資するETFとなりました。1、2位も債券ETFでした。1位のEDVは、1月だけで10%以上の伸び、株価が軟調な際に債券投資は強いことが改めてわかります。

3位には公益事業セクターのETFがランクイン。下げ相場でも安定しています。

情報技術セクターのETF(VGT)、Growth ETFも月間ではプラスを維持していますね。

 

ETFワースト10

次にパフォーマンスのワースト10を。

 

ワースト10
順位 Name Ticker 成績
65 FTSE Pacific ETF VPL -3.55%
66 FTSE All-World ex-US Small-Cap ETF VSS -3.78%
67 S&P Small-Cap 600 ETF VIOO -3.97%
68 S&P Mid-Cap 400 Value ETF IVOV -4.15%
69 International High Dividend Yield ETF VYMI -4.44%
70 Russell 2000 Value ETF VTWV -5.34%
71 FTSE Emerging Markets ETF VWO -5.66%
72 S&P Small-Cap 600 Value ETF VIOV -6.43%
73 Materials ETF (素材) VAW -6.52%
74 Energy ETF (エネルギー) VDE -11.86%

 (Small-cap : 小型株、Mid-cap : 中型株、Value : 割安株)

  

エネルギーセクター、素材セクターのETFがワースト1、2位となってしまいました。特にエネルギーセクターは原油価格も下がっていて厳しい状況。Value株(割安株)も冴えないですね。あとは、インターナショナルに投資するETFが4つ入っているのも特徴的と言えます。

 

セクター別ETFランキング

最後は、セクター別ETFのランキングです。

 

セクター別ETFランキング
順位 Name Ticker 成績
1 Utilities ETF (公益事業) VPU 6.05%
2 Information Technology ETF (情報技術) VGT 3.75%
3 Real Estate ETF (不動産) VNQ 1.20%
4 Consumer Discretionary ETF (一般消費財) VCR 1.09%
5 Communication Services ETF (通信) VOX 0.54%
6 Consumer Staples ETF (生活必需品) VDC -0.49%
7 Industrials ETF (資本財) VIS -0.69%
8 Financials ETF (金融) VFH -2.49%
9 Health Care ETF (ヘルスケア) VHT -2.54%
10 Materials ETF (素材) VAW -6.52%
11 Energy ETF (エネルギー) VDE -11.86%

 

プラス収支となったのは、上位5つのみでした。Utilities ETF (VPU)は1月でも右肩上がり。下げ相場にも強く、配当利回りも良い。あれ、もしかして最強ETF?今後も要注目。

Utilities ETF (VPU)の投資先上位10社はこちら。

1 NextEra Energy Inc. 2 Dominion Energy Inc. 3 Duke Energy Corp. 4 Southern Co. 5 American Electric Power Co. Inc. 6 Exelon Corp. 7 Sempra Energy 8 Xcel Energy Inc. 9 Consolidated Edison Inc. 10 Public Service Enterprise Group Inc.

 

今回の記事のまとめ

今回の記事では、Vanguard社が提供しているETFのパフォーマンス(2020年1月)のトップ10、ワースト10、セクター別ランキングをご紹介しました。

2019年の年間パフォーマンスとは順位が全然違うのが面白いです。

皆さまの銘柄選び、投資戦略に少しでも役立てれば幸いです。

 

投資は自己責任、自己判断でお願いいたします。

スポンサーリンク