アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

【週間収支報告(2/10~2/14)】運用益は+$61

米国株式市場は今週も堅調。主要3指数(ダウ、ナスダック、S&P 500)は最高値を更新しました。

 

それでは今回も資産運用の収支報告、今週のマーケットの振り返りをしたいと思います。

 

 

資産運用の結果

TSP : Govemment securities (G Fund)

 評価額 : $10,298.68

 前週比 : +$3.14 (+0.03%)

 

401k : Fidelity Total Market Index Fund (FSKAX)

 評価額 : $3,357.36

 前週比 : +$58.71 (+1.77%)

 

Vanguard IRA : Vanguard Federal Money Market Fund (VMFXX)

 評価額 : $1110.97

 前週比 : +$0 (+0%)

 

Vanguard : Short-Term Corporate Bond Index Admiral Shares (VSCSX)

 評価額 : $10,121.71

 前週比 : +$0 (+0%)

 

Discover Bank : Savings

 評価額 : $10,247.72

 前週比 : +$0 (+0%)

 

運用資産のトータルは $35,136.44

運用益のトータルは +$61.85

になりました。

 

運用結果のグラフ

通算損益

通算損益

 注:通算損益 = 確定損益 + 含み損益(年初から集計)

 

今週のマーケットを振り返る

今週発表された主なアメリカの経済指標をまとめました。

データは、経済指標カレンダー|みんかぶFXより。

 

消費者物価指数 1月 前月比 : 0.1%(予想0.2 前回0.2 )

消費者物価指数 1月 前年比 : 2.5%(予想2.4 前回2.3 )

消費者物価指数 1月 コア前月比 : 0.2%(予想0.2 前回0.1 )

消費者物価指数 1月 コア前年比 : 2.3%(予想2.2 前回2.3 )

新規失業保険申請件数 2/2-2/8 : 20.5万件(予想21.0 前回(改定)20.2 (20.3))

小売売上高 1月 前月比 : 0.3%(予想0.3 前回(改定)0.3 (0.2))

小売売上高 1月 コア前月比 : 0.3%(予想0.3 前回(改定)0.7 (0.6))

鉱工業生産指数 1月 : -0.3%(予想-0.2 前回(改定)-0.3 (-0.4))

設備稼働率 1月 : 76.8%(予想76.8 前回(改定)77.0 (77.1))

ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値) 2月 : 100.9%(予想99.5 前回99.8 )

 

 

消費者物価指数は堅調な内容。前年比で2.5%と1年3ヶ月ぶりとなる上昇。ガソリン価格は下落していますが、消費者としてはありがたいことです。

 

小売売上高 1月 コア前月比は前回から伸びが鈍化。コア売上高はGDPの消費支出への影響が大きいので少し心配。

 

鉱工業生産指数、設備稼働率は低調な結果。ボーイング問題もあり製造業は中々伸びませんね。

 

新型コロナウイルスの感染は拡大する一方ですが、大きな反応は見せずに米国株式は順調に上昇を続けています。日経とはだいぶ動きに乖離がありますね。

 

資産運用を振り返る  

今週の運用益は、+$61となり、2週連続でプラス収支となりました!

下がってきたら株に資金を移したいのですが、全然下がらない!

 

来週のマーケットの注目ポイント

  • FOMC議事録
  • フィラデルフィア連銀景況指数 2月
  • 米企業の決算報告
  • 新型コロナウイルスニュース

が相場に影響を与えそうです。

 

決算カレンダーは、マネックス証券のこちらのページで確認。

mst.monex.co.jp