アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

【週間収支報告(12/30~1/3)】運用益は+$27

 

資産運用の結果

TSP : S&P 500 Index Fund (C Fund)

 開始時 : $10,267.04

 終了時 : $10,254.98

 週間収支 : -$12.06 (-0.11%)

 

401k : Fidelity Total Market Index Fund (FSKAX)

 開始時 : $2,996.78

 終了時 : $2,993.81

 週間収支 : -$2.97 (-0.09%)

 

Vanguard IRA : Vanguard Growth ETF (VUG)

 開始時 : $915.4

 終了時 : $920.17

 週間収支 : +$4.77 (+0.52%)

 

Vanguard IRA : Vanguard Federal Money Market Fund (VMFXX)

 開始時 : $157.88

 終了時 : $158.09

 週間収支 : +$0.21 (+0.13%)

 

Vanguard : Short-Term Corporate Bond Index Admiral Shares (VSCSX)

 開始時 : $10,030.66

 終了時 : $10,053.42

 週間収支 : +$22.76 (+0.22%)

 

Discover Bank : Savings

 開始時 : $10,218.4

 終了時 : $10,233.08

 週間収支 : +$14.68 (+0.14%)

 

運用資産のトータルは $34,613.55

運用益のトータルは +$27.39

になりました。

 

運用結果のグラフ

運用資産の推移

運用資産の推移

運用益の推移

運用益の推移

(注:運用資産の推移は入出金含む。運用益の推移は取引による増減と手数料を含む)

 

今週の資産運用のまとめ

今週発表された主なアメリカの経済指標をまとめました。

データは、経済指標カレンダー|みんかぶFXより。

 

中古住宅販売成約指数 11月 : 1.2%(予想1.4 前回(改定)-1.3)

消費者信頼感指数 12月 : 126.5(予想128.4 前回(改定)126.8)

新規失業保険申請件数 12/22-28 : 22.2万件(予想22.2 前回(改定)22.4)

ISM製造業景気指数 12月 : 47.2(予想49 前回48.1)

 

今週も年末年始で相場は薄商いでした。

そんな中、木曜日にまたもや最高値を更新したS&P 500でしたが、金曜日に発表されたISM製造業景気指数が悪く、また米国によるイラクでの空爆により、中東情勢が緊迫化、地政学的リスクの上昇により、株価は下落に転じました。

 

その反面、安全資産に資金が流れて債券などは上昇を示しました。

 

また今週は、FOMCの12月の議事録が公表されました。

議事録によると、政策金利は当面据え置くことで意見が一致したようです。

 

2019年に3回の利下げを行いましたが、その成果は出ており、当分は今の金利を維持して、推移を見るということでしょう。

 

私の運用結果ですが、低調な株価を反映して、TSPや401kプランは久しぶりのマイナス収支となってしまいました。

 

一方で、債券ファンド(VSCSX)の価格は上昇、また月末にDiscover Bankの利息が入りましたので、全体としてはプラス収支を維持することができました。

 

分散投資は大事ですね!