アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

【週間収支報告(3/9~3/13)】先週比-$659

今週は一段と値動きの激しい週となりました。

 

それでは今回も資産運用の収支報告、今週のマーケットの振り返りをしたいと思います。

 

 

資産運用の結果

TSP : Bloomberg Barclays U.S. Aggregate Bond Index Fund (F Fund)を売却

 評価額 : $10372.66

 前週比 : -$186.96 (-1.77%)

 

401k : Fidelity Total Market Index Fund (FSKAX)

 評価額 : $2,874.26

 前週比 : -$312.22 (-9.79%)

 

Vanguard IRA : Vanguard Federal Money Market Fund (VMFXX)

 評価額 : $1112.22

 前週比 : +$0 (+0%)

 

Vanguard : Short-Term Corporate Bond Index Admiral Shares (VSCSX)

 評価額 : $10,086.76

 前週比 : -$160.03 (-1.56%)

 

Discover Bank : Savings

 評価額 : $10,260.68

 前週比 : +$0 (+0%)

 

運用資産のトータルは $34,706.58

運用益のトータルは -$659.21

になりました。

 

運用結果のグラフ

通算損益のグラフ

通算損益

注:通算損益 = 確定損益 + 含み損益(年初から集計)

 

今週のマーケットを振り返る

今週発表された主なアメリカの経済指標をまとめました。

データは、経済指標カレンダー|みんかぶFXより。

 

消費者物価指数 2月 前月比 : 0.1%(予想0.0 前回0.1 )

消費者物価指数 2月 前年比 : 2.3%(予想2.2 前回2.5 )

消費者物価指数 2月 コア前月比 : 0.2%(予想0.2 前回0.2 )

消費者物価指数 2月 コア前年比 : 2.4%(予想2.3 前回2.3 )

ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)3月 : 95.9(予想95.0 前回101.0 )

 

ミシガン大学消費者信頼感指数は先月の101.0から大きく下がりました。経済指標にも徐々にコロナウイルス感染拡大の影響が出始めてきたのかもしれません。

 

資産運用を振り返る    

今週水曜日に、債券ファンドを全て売却した、という話をしました。

www.nao-shisan.com

 

投資額よりはプラスで売却できたものの、先週まであった含み益が大きく減少。

また401kプランの株式投資も10%近い下げとなり、取引収支はブログ開設以来最大のマイナスとなる-$659に。何とかプラスを保っていた年初からの通算損益もマイナスになってしまいました。耐えられなかったかー。

今後の方針は決定していませんが、まだ株式への投資はやめておきます。

 

 

来週のマーケットの注目ポイント

  • 小売売上高 2月
  • 鉱工業生産指数 2月
  • FRB政策金利(FOMC)3月
  • 経常収支 第4四半期
  • 新型コロナウイルスニュース

が相場に影響を与えそうです。

 

現在の相場は不安心理に支配されており、売りが売りを呼ぶ展開になってしまっていますね。その不安を和らげるようなこと(政府による支援策など)が発表されれば、そこに期待が集中してまた大きく上げる。

しばらくは値動きの大きい日が続きそうですね。そして、コロナウイルスの影響が含まれた経済指標の発表を消化しつつ底を探る形なのかな、と考えています。

コロナウイルス感染拡大の悪いニュース、企業倒産の話などが出てくると、また話も変わってきそうですが。

 

投資は自己責任、自己判断でお願いいたします。