アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

【週間収支報告(3/2~3/6)】運用益は+$230

今週も値動きの激しい週となりました。ただ、一方的に下げるだけではなく、反発も見られるようになり、株価は上下動を繰り返しています。

 

それでは今回も資産運用の収支報告、今週のマーケットの振り返りをしたいと思います。

 

 

資産運用の結果

TSP : Bloomberg Barclays U.S. Aggregate Bond Index Fund (F Fund)

 評価額 : $10559.62

 前週比 : +$190.54 (+1.83%)

 

401k : Fidelity Total Market Index Fund (FSKAX)

 評価額 : $3,186.48

 前週比 : -$10.55 (-0.32%)

 

Vanguard IRA : Vanguard Federal Money Market Fund (VMFXX)

 評価額 : $1112.22

 前週比 : +$0 (+0%)

 

Vanguard : Short-Term Corporate Bond Index Admiral Shares (VSCSX)

 評価額 : $10,246.79

 前週比 : +$50.29 (+0.49%)

 

Discover Bank : Savings

 評価額 : $10,260.68

 前週比 : +$0 (+0%)

 

運用資産のトータルは $35,365.79

運用益のトータルは +$230.28

になりました。

 

運用結果のグラフ

通算損益のグラフ

通算損益

注:通算損益 = 確定損益 + 含み損益(年初から集計)

 

今週のマーケットを振り返る

今週発表された主なアメリカの経済指標をまとめました。

データは、経済指標カレンダー|みんかぶFXより。

 

ISM製造業景気指数 2月 : 50.1(予想50.5 前回50.9 )

ADP雇用者数 2月 : 18.3万人(予想17.0 前回(改定)29.1 (20.9) )

ISM非製造業景気指数 2月 : 57.3(予想54.8 前回55.5 )

製造業新規受注 1月 : -0.5%(予想-0.1 前回(改定)1.8 (1.9) )

貿易収支 1月 : -453億ドル(予想-461 前回(改定)-489 (-486) )

雇用統計 2月 非農業部門雇用者数 : 27.3万人(予想17.5 前回(改定)22.5 (27.3) )

雇用統計 2月 失業率 : 3.5%(予想3.6 前回3.6 )

 

 

ISM製造業景気指数は先月よりも下がりましたが、50以上をキープ。ISM非製造業景気指数は予想を裏切る好結果。雇用統計は27.3万人増も予想を大きく上回る結果に。失業率も改善されました。

しかし、雇用統計がこれだけ良い結果でもあまりマーケットは反応せず、コロナウイルス懸念に包まれる状況が続いていますね。アメリカでも感染拡大が表面化しはじめ、危機感が増しています。

 

3/3(火)にはFRBが0.5%の緊急利下げを決定。国債の利回りは大きく下げ、10年債が1%を切るなど、現在過去最低値を更新中。債券市場も値動きが大きくなってきました。

 

資産運用を振り返る    

今週月曜日に、債券ファンドを買い増しした、という話をしました。

www.nao-shisan.com

 

その後に緊急利下げが決定され、債券の利回りは大きく低下、逆に価格は大きく上昇することとなりました。利下げ前に買えて良かった!

 

現在債券比率の高いポートフォリオとなっていて、今週は+$230という久しぶりの大きなプラス収支となりました。

コロナウイルス問題が終息するまで、株価も大きく下がらなければ良いのですが、このラインを持ちこたえられるかどうかが鍵ですね。最近、株価が大きく下がった日でも終盤にかけて急上昇する、という動きが見られています。誰かが買い支えているのか、それとも短期のショート筋の利益確定でしょうか?

 

来週のマーケットの注目ポイント

  • 消費者物価指数 2月
  • 大統領予備選
  • 新型コロナウイルスニュース

が相場に影響を与えそうです。

 

来週も値動きの荒い展開が続きそうですが、落ち着いていきましょう!

 

投資は自己責任、自己判断でお願いいたします。