アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

【週間収支報告(5/11~5/15)&お知らせ】先週比-$118

今週月曜日は先週からの高値を守ったものの、コロナウイルス第2波、米中関係の悪化などを懸念して火曜日、水曜日に大きく下落。木曜朝も下落してこのまま下がっていってしまうかと思いきや、その後は盛り返して大幅下落は回避されましたね。

 

それでは今回も資産運用の収支報告、今週のマーケットの振り返りをしたいと思います。そして、当ブログからのお知らせもあります。

 

 

資産運用の結果

TSP : S&P 500 Index Fund (C Fund) 20% + Govemment securities (G Fund) 80%

 評価額 : $10,389.1

 前週比 : -$45.02 (-0.43%)

 

401k : Fidelity Total Market Index Fund (FSKAX)

 評価額 : $3,558.44

 前週比 : -$92.56 (-2.53%)

 

Vanguard IRA : Vanguard Growth ETF (VUG) 5 + Vanguard Federal Money Market Fund (VMFXX)

 評価額 : $1134.12

 前週比 : -$5.98 (-0.52%)

 

Vanguard : Amazon.com (AMZN) 3株売却 + VUG 5 + VMFXX

 評価額 : $11,543.79

 前週比 : +$25.54 (+0.22%)

 

Discover Bank : Savings

 評価額 : $17,288.72

 前週比 : +$0 (+0%)

 

運用資産のトータルは $43,914.17

運用益のトータルは -$118.02

になりました。

 

運用結果のグラフ

通算損益のグラフ

通算損益

注:通算損益 = 確定損益 + 含み損益(年初から集計)

 

今週のマーケットを振り返る

今週発表された主なアメリカの経済指標をまとめました。

データは、経済指標カレンダー|みんかぶFXより。

 

消費者物価指数 4月 前月比 : -0.8%(予想-0.8 前回-0.4 )

消費者物価指数 4月 前年比 : 0.3%(予想0.4 前回1.5 )

消費者物価指数 4月 コア前月比 : -0.4%(予想-0.2 前回-0.1 )

消費者物価指数 4月 コア前年比 : 1.4%(予想1.7 前回2.1 )

新規失業保険申請件数 5/3-5/9 : 298.1万件(予想250.0 前回(改定)316.9 (317.6) )

小売売上高 4月 前月比 : -16.4%(予想-12.0 前回(改定)-8.7 (-8.3) )

小売売上高 4月 コア前月比 : -17.2%(予想-8.5 前回(改定)-4.5 (-4.0) )

ニューヨーク連銀製造業景気指数 5月 : -48.5%(予想-60.0 前回-78.2 )

鉱工業生産指数 4月  : -11.2%(予想-12.0 前回(改定)-5.4 (-4.5) )

設備稼働率 4月  : 64.9%(予想63.8 前回(改定)72.7 (73.2) )

ミシガン大学消費者信頼感指数 5月 : 73.7(予想68.0 前回71.8 )

 

アメリカのGDPの約7割を占める個人消費。その個人消費との関連が強い小売売上高 4月が発表されました。結果は、-16.4%と3月からさらに大幅に悪化。確かに、私も生活必需品くらいにしか消費していないので悪化するのは妥当ですね。徐々に経済活動を再開する州も出てきているので、今後少しずつ回復することを期待しています。

 

そして、新規失業保険申請件数は減ってはきているものの、これでコロナウイルスによる影響で約3,600万人、アメリカの労働者の5人に1人が失業したことになります。経済活動は徐々に再開し始めていますが、フェーズが3段階あり、少しずつの再開となります。残念ながら、すぐにはこの失業者達が元に戻ることはないでしょう。さらなる追加支援策が待たれます。

 

ニューヨーク連銀製造業景気指数ミシガン大学消費者信頼感指数など先月よりも改善の兆しが見えているのは好材料。徐々にでもいいので、上向いていくと希望が見えますね。

 

資産運用を振り返る    

こちらの記事でお伝えした通り、保有銘柄のAMZNを今週売却しました。初めての個別株取引でしたが、良い経験になりました。その感想などもこちらに書いてあります。

www.nao-shisan.com

  

今週も、S&P 500 Index Fundの買い付けを行いたかったのですが、ここで問題発覚!TSPアカウントは月に2回までしか取引ができない(売ることはできそうでしたが)。正直、全く知りませんでした。週一でリバランスを行っていたのですが、制限に引っかってしまいました。ということであまりにも使いづらいので、機を見計らってVanguardに資金を移したい(ロールオーバーしたい)と思います。

 

VUGの定期買い付けは無事に遂行しています。

 

来週のマーケットの注目ポイント

  • FOMC議事録 4月(5/21木)
  • フィラデルフィア連銀景況指数 5月(5/21木)
  • 新規失業保険申請件数 5/10-5/16(5/21木)
  • 新型コロナウイルスニュース
  • 決算発表
  • 米中貿易摩擦

が相場に影響を与えそうです。 多くの企業が決算発表をすでに終えていますが、小売大手のホームデポ(5/19)、ウォルマート(5/19)、ターゲット(5/20)、半導体メーカーのエヌビディア(5/21)あたりは注目ですね。

 

米国企業決算カレンダーはこちら

mst.monex.co.jp

 

当ブログからのお知らせ

ブログ開始以来、毎週末に収支報告を行ってきましたが、一旦毎週の収支報告を止めようと思います。その理由は、中身のある内容をお届けできていないな、と最近感じているからです。内容が薄いというか、軽いというか。テコ入れが必要ですね。

もっともっと投資のこと、経済のことを勉強して、皆様に有益な情報をお届けしたいと思っていますので、今後とも当ブログに起こしいただければ幸いです。月一度の収支報告、何か大きな取引をした際の報告は引き続き行っていくので、よろしくお願いします。

 

最後に、投資は自己責任、自己判断でお願いいたします。