アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

ARKWの積み立て投資始めました【2020年9月第1週】

スポンサーリンク

積立投資のイメージ画像

ついに来ましたね、下落の野郎が。

急にやって来て、人の資産を踏みにじる厄介者です。

 

まあ、ここ最近、上昇のスピードが早かったので、ガス抜きも必要ですね。来週以降も下げ基調だと困ってしまいますが、、、。

私も、含み益が結構減ってしまいましたが、皆さんはいかがでしょうか?

 

今週は、ナスダック>S&P500>ダウの順に、弱い結果となっています。

 

ダウ : 28,653.87(先週末) → 28,133.31(今週末) -1.82%

ナスダック : 11,695.63(先週末) → 11,313.13(今週末) -3.27%

S&P 500 : 3,508.01(先週末) → 3,426.96(今週末) -2.31%

 

指数で見てみると、そこまで大きな下落ではないですね。先々週末とほとんど同じです。

 

それでは今回も、現在保有しているETFの、1週間の値動きを紹介したいと思います。

 

 

5つのETF(CLIX・ARKG・ARKW・TAN・HERO)の週間推移

ETFの週間推移のグラフ

ETFの週間推移

それぞれのETFの、1週間のチャートです。

 

水曜日までは良かったのですが、木、金と大きく崩れてしまいました。

特に、先週買ったソーラーのTAN(-9.43%)が大幅下落、、、。タイミング悪かったですね。

この中では、ゲームのHERO(-1.48%)が検討していますね。

 

 

 

週間成績
ETF 数量 平均取得価格 現在価格 市場価格 含み損益
CLIX (-6.20%) 19 85.88 83.88 $1,593.72 -$37.98
ARKG (-7.52%) 20 59.14 56.30 $1,126.00 -$56.79
ARKW (-5.58%) 16 101.07 104.15 $1,666.40 +$49.23
TAN (-9.43%) 20 56.33 51.50 $1,030.00 -$96.53
HERO (-1.48%) 72 25.74 26.71 $1,923.12 +$69.90

 

積み立て口座

週間成績
ETF 数量 平均取得価格 現在価格 市場価格 含み損益
ARKW (-5.58%) 8 109.35 104.15 $833.20 -$41.56

 

タイトルにもある通り、次世代技術のARKWの積み立て投資を始めました。

数あるETFの中でも、トップクラスのパフォーマンスを誇るETFです。水曜日には、年初来100%に達していました。設定来、約6年で5倍以上の成績です。

 

今後も上昇が期待できる、と考え今週から積み立て投資をすることにしました。だいぶ上昇していたので、一括投資は怖かったんですよね。

週後半で大きく下げてしまったので、一括投資にしなくて本当に良かったです。危なかった。

 

まだ、キャッシュはあるので、毎日2株ずつ購入していく予定です。積み立て投資好きだな(笑)

 

ゲームのHEROも買い増ししています。今回の下落でも大きく崩れておらず、安定感があるETFですね。

 

メイン保有のVUGの週間推移

長期運用を目的として保有しているETFが、VUGです。

よく比較されるQQQ、VGTと一緒に見てみたいと思います。

VUGの週間推移のグラフ

VUGの週間推移

 

週間成績
ETF 数量 平均取得価格 現在価格 市場価格 含み損益
VUG (-3.42%) 46.025 215.84 230.21 $10,595.42 +$661.20
QQQ (-3.06%)          
VGT (-4.24%)          

 

木、金で大きく下げていますね。ただし、金曜日の午後は反発も見られました。

これまで上昇していたハイテク銘柄が売られている感じで、暴落というよりは調整と行った方が良いでしょう。今のところは。

 

来週も不安定で、値動きが大きくなりそうですが、冷静なトレードを心がけたいですね。私は、今持っているETFはホールド、積み立て投資は継続、という方針でいきます。

 

今回の記事のまとめ

今回の記事では、現在保有しているETFの、週間パフォーマンスを紹介しました。

ここでは、ETFの含み損益のみ公開しています。

 

今週は、ハイテク銘柄を中心に、大きく下げた銘柄も多かったです。

また、テスラのS&P 500入りが見送られ、時間外でテスラが下落しているのも気がかりですね。

 

中長期では、まだまだ上昇すると思っているので、ホールド、買い増しで臨みたいと思います。 

 

最後に、紹介したETFの売買を推奨するものではありません。投資は自己責任、自己判断でお願いいたします。

 

合わせて読みたい記事はこちら 

www.nao-shisan.com

 

www.nao-shisan.com

 

www.nao-shisan.com

 

www.nao-shisan.com

 

スポンサーリンク