アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

アメリカで車のタイヤがパンクした時の対処法

スポンサーリンク

車社会のアメリカ、よほどの大都会でない限り車は必須です。

しかし、車で走っていると本当によく見る光景、それがパンクして路肩に止めている車です。

 

今回の記事では、アメリカでタイヤがパンクした時に、実際に私がどのように対処したのかを交えて、その対処法を紹介したいと思います。

 

Disclosure : This post contains affiliate links. For more information, see my privacy policy.(この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。)

 

 

スポンサーリンク

 

なぜアメリカではパンクが多いのか?

私も今回タイヤがパンクしてしまいましたし、日常的にパンクしている車やスペアタイヤで走っている車を見かけます。

 

何でこんなに多いの?という感じですが、理由としてまずあげられるのは、

アメリカの道が悪すぎるということです。

 

アメリカの道の特徴は、

  • 道がボコボコ、ガタガタしている
  • 良く穴が空いている
  • 道に問題があっても長い間放置される(舗装されない)
  • 応急処置なのか、鉄板が置いてある

です。高速道路でもこの状況です(さすがに鉄板は見たことないですが)。

アメリカ、恐るべし。

 

高速道路に大きな穴!

高速道路を走っていた時にやってしまいました。

 

急に右手前方に現れる大きな穴(道の右側20%くらいは崩落していました)。

左横には車が走っていて、急ハンドルでの回避は無理。

 

何とか左に寄るが避けきれず。

ズドン

 

前を大型バスが走っていて、前方があまり見えていなかったのが敗因です。

決して私のドライビングテクニックのせいではありません!(笑)

 

まずは安全な場所に停める

ズドンはしましたが、何とか車は止まらずに前に進んでくれました。

即座にハザードランプON。少しずつ減速。

 

車はアラームで知らせてくれます。知ってるよー、パンクしたよー。

 

そこはあまり広い高速道路ではなかったので、停められそうな路肩は無し。

ゆっくりゆっくり進んで、高速降りて、何とか安全そうな場所を見つけて停止。

 

保険会社に連絡

日本のJAFに当たるAAAには入っていません。

自分でスペアタイヤに交換するのは、自信が無い。

停めた場所も水平では無かったので、慣れない人がやるのは危ない。

 

確か入っていた自動車保険にロードサービスがあったはず、と思い保険会社に連絡して見ました。

"タイヤがパンクした"は、"I got a flat tire." で通じます。

 

もし英語で説明するのが大変そうなら、通訳サービスをお願いすると良いと思います。多くの保険会社で通訳サービスが利用できます。

 

保険会社に電話したら、ロードサービスを手配してくれる、とのこと。助かりました。

保険会社に現在の状況と停めている場所、スペアタイヤの有無、車種、車のカラーとナンバー、携帯の電話番号などを伝えました。

 

しばらくすると、携帯に知らない番号から電話が。タイヤ交換に来てくれる人から電話がくる、と保険会社から聞いていたので出てみると、「今から40分後くらいには到着すると思うよー」という内容でした。

 

実際40分後くらいに来てくれて、慣れた手つきでスペアタイヤに交換してくれました。

ありがとうございます、あの時のあなた!

「スペアタイヤで長く走らずに、早めに交換してね」と言って去って行きました。

 

自動車保険にロードサービスが入っていれば、無料でお願いすることができます。

保険でどこまでカバーしてくれるか、あらかじめ確認しておくといいですね。

 

スポンサーリンク

 

その他のロードサービス

アメリカ自動車協会 AAA

アメリカ版JAFことAAA。加入プランによって、含まれるサービスやサービス料が変わります。プランの料金は住んでいる地域によって変わるようです。

サイトはコチラ

 

PREMIOカーライフサポート

こちらはクレジットカードでおなじみのPREMIOが提供するサービス。

アメリカ、カナダ全域を24時間365日、日本語でサポートしてくれます。

www.pls.premio.com

 

自動車保険でロードサービスがカバーされないようなら、どちらかに入っておくと安心ですね。日本語対応を希望ならPREMIOがオススメです。

 

タイヤをコストコで購入

完全にタイヤが駄目になってしまったので、タイヤを交換です。

 

在米歴の長い友人に聞いたところ、コストコで安く買えるよ、とのこと。

早速オンラインで注文。

www.costco.com

 

車に合うサイズのタイヤを選んで、普段行っているコストコに届くようにオーダーします。

パンクする2ヶ月前に、ディーラーで車の点検をしてもらったところ、タイヤがすり減ってきてるから、しばらくしたら換えたほうがいいよ、と言われていたので、この機に4本購入しました。

 

交換する前で良かった!

 

タイヤ4本で$455、取り付け費用で$56。

その後のタイヤのメンテナンス(空気を入れるなど)は無料でお願いできます。

 

通常5-10日後に届くようになっていて、届いたら電話で知らせてくれます。

届いたら、オンラインでタイヤセンターの予約を取ります。

 

スポンサーリンク

 

ホイールもやられてました

予約日にコストコに行って、受け付けをして車を預けます。

タイヤ交換の間に買い物してたら、 携帯に電話が。

 

「ホイール曲がってるから、ここじゃ直せないね。」

オーマイガッシュ。

 

見に行ったらホイールこんなんなってました。

曲がったホイール

 

次はホイール修理

ホイールがこのままでは、せっかく買った新品のタイヤも取り付けできません。

近所のホイール修理屋に写真をe-mailで送って見積もりを取りました。そうしたら、

$145, 3 hours

との返事。本当にこれしか書いていません。職人です。

 

新品のホイールを揃えるよりかは安そうだったので、お願いすることに。

直ったホイールの写真を撮り忘れましたが、キレイに直してくれました。

 

再びコストコへ

直ったホイールを持って、再びコストコへ。

今回は無事に取り付けてくれました。良かった良かった。

 

皆様もアメリカの道路を走る際にはお気をつけください。

穴、空いています。

 

合わせて読みたい記事はこちら

www.nao-shisan.com

 

スポンサーリンク