アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

アメリカの駐在員にオススメの銀行 Union Bank

スポンサーリンク

ドルを持っている男性の画像
アメリカに行くことが決まったときに、悩むことの一つが、お金をどうやって日本からアメリカに持って行くか?だと思います。

 

全部現金で持って行くわけにも行かないですし、渡米直後は色々とやることもあり、現地の銀行口座を開いて、そこに日本の銀行から送金を指示して、というのもなかなか大変な作業です。

 

そもそも銀行口座を開くのに、SSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)が必要となる銀行もありますし。

 

そんな悩みを解決する簡単な方法があります。それは、

  • Union Bank(ユニオンバンク)で、あらかじめ口座を開設する
  • 開いた口座にお金を送金しておく

この2つを日本にいる間におこなっておくことです。

 

また、オンラインバンクやモバイルアプリを使えば、

  • 支払いのために銀行がチェックを送ってくれるBill Pay
  • チェック(小切手)をアプリ経由でデポジット(預金)

これらのサービスを利用することができます。

 

今回の記事では、日本にいながら口座を開設できるUnion Bank、そして、Bill PayやCheck Depositという便利なサービスを紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

渡米前に口座が開ける

渡米する前に口座を開いたアメリカの銀行がこちら、Union Bank(ユニオンバンク)です。

www.unionbank.com

 

アメリカの駐在員御用達の銀行です。なぜなら、日本にいながらにして口座を開けるからです。三菱UFJ銀行が媒介となり、口座開設をサポートしてくれます。

www.bk.mufg.jp

 

渡米する前にこの口座にお金を送金しておけば、アメリカ生活をスムーズにスタートできます。

また、渡米前にデビットカードを受け取れるので、アメリカについてすぐにカード決済を行うことができます。

 

 初回のカード利用の前にActivate(有効化)が必要です。詳細はカスタマーサービスにご確認ください。カスタマーサービスは日本語で対応してくれます。

 

海外送金は、TransferWiseが手数料も安くてオススメです。

www.nao-shisan.com

 

口座維持手数料に注意

アメリカの銀行では、口座維持手数料がかかる場合が多いです。

ユニオンバンクの場合、残高明細のオンライン受け取りで$8/月、郵送受け取りで$10/月かかります。

 

ただし、月間平均残高が$1,500以上だと、口座維持手数料が無料になります。毎月手数料を払うのはもったいないので、最低$1,500以上入れておくと良いですね。

 

Bill Payでチェックによる支払いを代用!

未だにチェック(小切手)文化が健在のアメリカ。特に、チェックを同封した封筒を郵送して支払いにあてる、という機会がかなりあります(日本なら銀行振込で対応するようなケースですね)。

 

でもこれって、渡米した直後でチェック文化に慣れない日本人には、

ハードル高いですよね。

  1. チェックの書き方がわからない
  2. 封筒や切手ってどこで買える?
  3. 郵便物の書き方は?ポストはどこ?

これらをクリアしなければなりません。そんなときは、Union BankオンラインのBill Payを利用しましょう!

 

Bill Payとは?

Bill Payとは、銀行がチェックを発行し、支払い先に郵送してくれるサービスです。

Union Bankの場合は手数料はかかりません。

(発行代、封筒代、切手代、どれもかかりません。)

 

先ほどの3つのポイント、

  • チェックの書き方がわからない
  • 封筒や切手ってどこで買える?
  • 郵便物の書き方は?ポストはどこ?

Bill Payで全部解決です。

 

Bill Payの利用方法

まずはオンラインバンクにログインします。

Union BankのBill Pay使い方1

Union BankのBill Pay使い方1

 メニューバーのBill Payを選びます。

 

Union BankのBill Pay使い方2

Union BankのBill Pay使い方2

次に、下のメニューのManage Payeesを選びます。ここで、Add New Payeeから、支払い先の名前、住所などを入力します。

 

Union BankのBill Pay使い方3

Union BankのBill Pay使い方3

次に、Make Paymentsを開き、

  • 支払い先
  • どの口座から支払うか?(チェッキン口座かセービングス口座か)
  • 日付
  • 金額
  • メモ(オプション)

を入力し、Review and Submit Paymentsに進みます。繰り返し送付する場合には、Recurringにチェックを入れます。確認の画面が出るので、よければSubmitボタンを押します。

 

これで完了です!

実際に私はこれを利用して、車の購入代を郵送しました。入力するだけで、あとは銀行側がやってくれるので、簡単に支払いができました。

 

スポンサーリンク

 

アプリを使って、チェックをデポジット(預金)

アメリカで生活していると、チェック(小切手)を受け取る機会が結構あります。

いちいち銀行の窓口に行って、デポジット(預金)の手続きをするのも面倒です。

 

そういうときは、Union Bankのアプリを利用して、デポジットするのが簡単でオススメです。

 

裏側にサインして、写真を取るだけ

まずは、アプリをダウンロードしましょう。

Union Bank - Mobile Banking
Union Bank - Mobile Banking
開発元:MUFG Union Bank, N.A.
無料
posted withアプリーチ

オンラインバンクと同じUser ID、パスワードでログインできます。

 

Check Depositの手順1

Check Depositの手順1

次に、画面の下にあるCheck Depositを押します。

 

Check Depositの手順2

Check Depositの手順2

カメラの使用を求められるので、Nextを押します。

 

Check Depositの手順3

Check Depositの手順3
  • Deposit To : 預け入れるアカウントを選択
  • Amount : 預け入れる金額を入力
  • Front of Check : Check(小切手)の表面を撮影
  • Back of Check : Check(小切手)の裏面を撮影

Check(小切手)の裏側にサインと、"For mobile deposit only to Union Bank"を記入してから裏面を撮影します。

Check Depositの手順4

Check Depositの手順4

これで完了です。

アプリさえインストールしておけば、Checkの裏側にサインして、写真を取るだけで預金できるので、とっても簡単ですね。

 

帰国後も窓口銀行として利用

また、帰国後もアメリカの銀行口座として残しておけます。しばらくは、支払いなども残っているでしょうし、そのまま残しておくと良いでしょう。旅行に行く際にも利用できますね。

また、アメリカの金融口座で資産運用する際の良い窓口となってくれます。

 

スポンサーリンク

 

今回の記事のまとめ

今回の記事では、日本にいながら開設できるユニオンバンクについて紹介しました。

 

アメリカに行くことが決まったら、生活をスムーズにスタートするためにも、口座を開設することを強くお勧めいたします。

 

ただしアメリカには、ユニオンバンクよりももっと金利の良い銀行が他にあります。最初はユニオンバンクを利用して、その後他の銀行口座を開設していくと良いですね。

他の銀行口座の開設は、キャンペーンを利用するとお得にできます。キャンペーン情報をチェックして、戦略的に他の銀行口座を開設していきましょう!

 

合わせて読みたい記事はこちら

www.nao-shisan.com

 

www.nao-shisan.com

 

www.nao-shisan.com

 

www.nao-shisan.com

 

スポンサーリンク