アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

VanguardのETFランキング【2020年7月のパフォーマンス】

スポンサーリンク

2020年7月ETF RANKINGと書かれた画像

毎月恒例となりました、Vanguard(バンガード)のETF月間パフォーマンスランキングを紹介したいと思います。

 

7月に入り、企業の決算発表が相次いでいます。もっともコロナウイルスの影響が強かった4-6月を、うまく乗り切れた個別銘柄は、大きく値を伸ばしていますね。

 

そんな中、7月はどのETFが1番パフォーマンスが良かったのか?逆に悪かったETFはどれか?セクター別ランキングも紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

Vanguard社のETF 74種類をランキングで発表

現在Vanguard社が提供しているETFは74種類あります。その中から2020年7月のパフォーマンスのトップ10、ワースト10、セクター別ランキング、年初来ランキングをご紹介します。

データはVanguard社のこちらのページを参考にしました。

 

なお、パフォーマンス結果には、手数料や税引きは考慮していませんのでご注意を。

 

ETFトップ10(2020年7月)

まずはパフォーマンスの良かったトップ10から。

 

トップ10
順位 Name Ticker 成績
1 Consumer Discretionary ETF (一般消費財) VCR 9.16%
2 FTSE Emerging Markets ETF VWO 8.52%
3 Mega-Cap Growth ETF MGK 7.65%
4 Russell 1000 Growth ETF VONG 7.63%
5 Growth ETF VUG 7.59%
6 Mid-Cap Growth ETF VOT 7.35%
7 Communication Services ETF (通信) VOX 7.26%
8 Utilities ETF (公益事業) VPU 7.18%
9 S&P 500 Growth ETF VOOG 6.93%
10 Materials ETF (素材) VAW 6.83%

 

多くのセクター別ETFがランクインしました。また、6月に引き続き、7月も大型のグロース株に資金が集まっています。少し停滞していたような印象もありましたが、6月よりも上昇率は大きいですね。

 

Consumer Discretionary ETF (一般消費財)が、全体の1位。AmazonやTeslaの比率が高いこともあり、好調の波に乗っています。

 

7月も全て、株式に投資するETFがランクインとなりました。リスクオン相場が継続しています。

 

ETFワースト10(2020年7月)

次にパフォーマンスのワースト10を。

 

ワースト10
順位 Name Ticker 成績
65 Total World Bond ETF BNDW 1.21%
66 Total International Bond ETF BNDX 0.95%
67 Short-Term Inflation-Protected Treasury ETF VTIP 0.73%
68 Short-Term Corporate Bond ETF VCSH 0.70%
69 FTSE Pacific ETF VPL 0.49%
70 Intermediate-Term Treasury ETF VGIT 0.48%
71 Short-Term Bond ETF BSV 0.33%
72 Mortgage-Backed Securities ETF VMBS 0.25%
73 Short-Term Treasury ETF VGSH 0.09%
74 Energy ETF (エネルギー) VDE -4.28%

 

債券に投資するETFが多く入っている中、唯一のマイナスで、全体のワースト1になってしまったのが、Energy ETF (エネルギー)。原油価格も戻ってきていますが、まだまだ厳しい状況が続きますね。

 

債券ETFは、パフォーマンスが悪い、というよりかは、安定した成績をおさめているとも言えそうです。

 

セクター別ETFランキング(2020年7月)

次に、セクター別ETFのランキングです。

 

セクター別ETFランキング
順位 Name Ticker 成績
1 Consumer Discretionary ETF (一般消費財) VCR 9.16%
2 Communication Services ETF (通信) VOX 7.26%
3 Utilities ETF (公益事業) VPU 7.18%
4 Materials ETF (素材) VAW 6.83%
5 Consumer Staples ETF (生活必需品) VDC 6.77%
6 Information Technology ETF (情報技術) VGT 5.91%
7 Health Care ETF (ヘルスケア) VHT 5.03%
8 Industrials ETF (資本財) VIS 4.28%
9 Real Estate ETF (不動産) VNQ 3.54%
10 Financials ETF (金融) VFH 2.94%
11 Energy ETF (エネルギー) VDE -4.28%

 

Energy ETF (エネルギー)以外は、プラスとなりました。マイナスとなったセクターが多かった6月と比較して、回復していますね。

現在、決算発表が相次いでおり、良い決算を発表できているセクターが強いですね。

 

Consumer Discretionary ETF (一般消費財)の投資先上位10社はこちら。

1 Amazon.com Inc. 2 Home Depot Inc. 3 McDonald's Corp. 4 Tesla Inc. 5 NIKE Inc. 6 Lowe's Cos. Inc. 7 Starbucks Corp. 8 Booking Holdings Inc. 9 TJX Cos. Inc. 10 Target Corp.

 

ETFトップ10(年初来)

最後に、年初来パフォーマンスの良かったトップ10。

 

トップ10(年初来)
順位 Name Ticker 成績
1 Extended Duration Treasury ETF EDV 36.28%
2 Long-Term Treasury ETF VGLT 26.47%
3 Mega Cap Growth ETF MGK 21.34%
4 Information Technology ETF (情報技術) VGT 21.27%
5 Growth ETF VUG 19.79%
6 Long-Term Bond ETF BLV 18.83%
7 Russell 1000 Growth ETF VONG 18.16%
8 Consumer Discretionary ETF (一般消費財) VCR 15.72%
9 S&P 500 Growth ETF VOOG 15.38%
10 Long-Term Corporate Bond ETF VCLT 12.60%

 

1・2位は6月末と変わらず。株式だけでなく、債券ETFも上げた7月となっています。

大型のグロース株ETFと、Information Technology ETF (情報技術)Consumer Discretionary ETF (一般消費財)が、調子がいいですね。今の相場がよく反映されています。

 

スポンサーリンク

 

今回の記事のまとめ

今回の記事では、Vanguard社が提供しているETFのパフォーマンス(2020年7月)のトップ10、ワースト10、セクター別ランキング、年初来トップ10をご紹介しました。

 

傾向としては、6月と大きく変わらないものとなりました。Consumer Discretionary ETF (一般消費財)の調子がよく、年初来トップ10にも入ってきたのが、変わった点でしょうか。

 

今回の記事が、皆様の投資戦略の参考になれば幸いです。

 

最後に、投資は自己責任、自己判断でお願いいたします。

 

合わせて読みたい記事はこちら

www.nao-shisan.com

  

www.nao-shisan.com

 

 

スポンサーリンク