アメリカ在住Naoの資産運用ブログ

渡米して4年目。資産運用(米国株・定期預金)とアメリカ生活の話。

VanguardのETFランキング【2020年2月のパフォーマンス】

スポンサーリンク

2020年2月ETFランキングと書かれた画像

毎月恒例(まだ2回目ですが)となりました、Vanguard(バンガード)のETF月間パフォーマンスランキングを紹介したいと思います。

コロナショックの最中、どのETFが1番パフォーマンスが良かったのか?逆に悪かったETFはどれか?セクター別ランキングも紹介します。

 

 

Vanguard社のETF 74種類をランキングで発表

現在Vanguard社が提供しているETFは74種類あります。その中から2020年2月のパフォーマンスのトップ10、ワースト10、セクター別ランキングをご紹介します。

データはVanguard社のこちらのページを参考にしました。

なお、パフォーマンス結果には手数料や税引きは考慮していませんのでご注意を。

 

ETFトップ10

まずはパフォーマンスの良かったトップ10から。

 

トップ10
順位 Name Ticker 成績
1 Extended Duration Treasury ETF EDV 8.74%
2 Long-Term Treasury ETF VGLT 6.59%
3 Long-Term Bond ETF BLV 3.75%
4 Intermediate-Term Treasury ETF VGIT 2.14%
5 Intermediate-Term Bond ETF BIV 1.96%
6 Total Bond Market ETF BND 1.69%
7 Long-Term Corporate Bond ETF VCLT 1.50%
8 Total World Bond ETF BNDW 1.16%
9 Intermediate-Term Corporate Bond ETF VCIT 1.14%
10 Short-Term Bond ETF BSV 1.01%

(Treasury : 財務省、Bond : 債券)

 

なんとトップ10の全てが債券に投資するETF。1、2位は先月も同じ順位でした。やはり株式が軟調なときには債券が強い!

 

ETFワースト10

次にパフォーマンスのワースト10を。

 

ワースト10
順位 Name Ticker 成績
65 High Dividend Yield ETF VYM -9.83%
66 Russell 2000 Value ETF VTWV -9.87%
67 Value ETF VTV -9.90%
68 Utilities ETF (公益事業) VPU -10.21%
69 S&P Small-Cap 600 Value ETF VIOV -10.29%
70 Small-Cap Value ETF VBR -10.31%
71 Mid-Cap Value ETF VOE -10.68%
72 S&P Mid-Cap 400 Value ETF IVOV -10.70%
73 Financials ETF (金融) VFH -11.29%
74 Energy ETF (エネルギー) VDE -15.08%

 (Small-cap : 小型株、Mid-cap : 中型株、Value : 割安株)

  

Energy ETF (エネルギー)が先月に引き続きワースト1。経済成長が減速するという懸念があるときには真っ先に売られてしまいますね。Value株(割安株)も先月に引き続き冴えないですね。先月のセクター別ランキングで1だったUtilities ETF (公益事業)が、ここにランクインしているのも驚きです。

 

セクター別ETFランキング

最後は、セクター別ETFのランキングです。

 

セクター別ETFランキング
順位 Name Ticker 成績
1 Communication Services ETF (通信) VOX -5.76%
2 Health Care ETF (ヘルスケア) VHT -6.37%
3 Real Estate ETF (不動産) VNQ -7.22%
4 Information Technology ETF (情報技術) VGT -7.40%
5 Consumer Discretionary ETF (一般消費財) VCR -7.77%
6 Consumer Staples ETF (生活必需品) VDC -8.26%
7 Materials ETF (素材) VAW -9.15%
8 Industrials ETF (資本財) VIS -9.31%
9 Utilities ETF (公益事業) VPU -10.21%
10 Financials ETF (金融) VFH -11.29%
11 Energy ETF (エネルギー) VDE -15.08%

 

全てのセクターがマイナスとなってしまいました。コロナショックの凄まじさが見てとれます。その中でもマシだったのは、Communication Services ETF (通信)Health Care ETF (ヘルスケア)でした。

 

Communication Services ETF (VOX)の投資先上位10社はこちら。

1 Alphabet Inc. 2 Facebook Inc. 3 AT&T Inc. 4 Netflix Inc. 5 Verizon Communications Inc. 6 Comcast Corp. 7 Walt Disney Co. 8 Charter Communications Inc. 9 Activision Blizzard Inc. 10 Electronic Arts Inc.

 

今回の記事のまとめ

今回の記事では、Vanguard社が提供しているETFのパフォーマンス(2020年2月)のトップ10、ワースト10、セクター別ランキングをご紹介しました。

株価が下落しているときには、債券が強いのが改めてわかります。

皆さまの銘柄選び、投資戦略に少しでも役立てれば幸いです。

 

投資は自己責任、自己判断でお願いいたします。

 

関連記事はこちら。

www.nao-shisan.com

 

www.nao-shisan.com

スポンサーリンク